青森テレビ「わっち!!ニュース」で弘前工業高校と共同した町並み保存ワークショップが紹介されました

 

中村研究室では弘前市と連携し、武家住宅や生垣、樹木が織りなす江戸時代の歴史的町並みの面影を色濃くとどめる「仲町重要伝統的建造物群保存地区」の保存計画見直しに向けた調査研究プロジェクトを進めています。

 

夏休みを利用し、地元の青森県立弘前工業高校建築科の高校生たちが大学の調査研究体験として、建築学科大学生と共同で町並み調査を行う様子が、89日の青森テレビ「わっち!!ニュース」で紹介されました。

 

調査研究活動の内容紹介とともに、弘前の高校生たちがワークショップを体験し、普段の弘前の現代的な雰囲気とは異なる、歴史的町並み保存地区の魅力をあらためて見直すコメントが紹介されています。

 

研究室では、歴史的町並みの保存と良好な住環境向上、そして魅力的な観光地形成が融合した町並み保存地区の計画提案に向けた調査を、引き続き行っていきます。