日本建築史が専門の研究室です。歴史的町並みや民家、寺社、和風住宅、茶室などの伝統木造建築のフィールドワークにより、その価値を評価し、歴史ある建物を未来へ伝える活動に取り組んでいます。

〔最近の記事〕

旧城下町・登米の近代町家や土蔵群の実測調査に取り組んでいます

続きを読む

九州大学総合研究博物館「Furniture for Future 使いながら守る・つなげる 新たな仕組みとしかけの提案にむけて」で講演しました

続きを読む

研究室の学生たちによる天井画修復が完成したことが河北新報と毎日新聞で紹介されました

続きを読む

青森県弘前の伝統的建造物群保存地区で町並み調査がスタートしました

続きを読む

とよま城下町の町並み調査報告会で模型・パネル展示を行いました

続きを読む

『建築の歴史・様式・社会』(中央公論美術出版)に論文「近世藩領の普請備林」が掲載されました

続きを読む

涌谷で行われた武家屋敷の保存活用シンポジウムで講演しました

続きを読む

塩釜でのNPOとの協働がミヤギテレビ「every.」で紹介されました

続きを読む

研究室の学生たちが武家屋敷の模型づくりに取り組んでいます

続きを読む

仙台国際センターの「みやぎ産学官金連携フェア」に研究紹介の出展を行いました

続きを読む

日本建築士事務所協会連合会広報誌の「和の仕立て」へ寄稿しました

続きを読む

塩釜の天井画修復プロジェクトがNHKニュース番組「てれまさむね」で紹介されました

続きを読む

福島県郡山で近代洋風建築の実測調査

続きを読む

会津磐梯の門前集落の町並み景観

続きを読む

登米旧城下町の伝統建築調査に取り組んでいます

続きを読む

ヘリテージマネージャーと共同で涌谷に現存する武家屋敷の実測調査を行いました

続きを読む

青森県弘前 武家屋敷の町並み

続きを読む

青森県黒石のこみせ町並み

続きを読む

NHK番組「ひるブラ」で登米の建物を紹介しました

続きを読む

秋田の茶室を実測調査

続きを読む