みちのく伝統建築ミュージアム

~歴史復元イラストや古地図で文化財をめぐる~

 

 

 

 

青森県弘前市の武家住宅の屋敷構えの鳥瞰図です。

通り側から生垣と表門、ツボ(座敷庭)、主屋、カグヂ(自家菜園や雪寄せの裏庭)という風土に根ざした合理的なサムライの屋敷構え。

 

 

青森県弘前市仲町伝統的建造物群保存地区のイラスト。

弘前公園(旧弘前城)の北に位置する武家町です。町並み保存地区には、4棟の公開武家住宅が所在し、江戸時代のサムライの住まいを体感することができます。

 

 

 

 

みやぎの明治村・登米に所在する登録有形文化財「海老喜商店」の俯瞰図です。店舗や住宅、味噌醤油醸造ゆかりの土蔵群が織りなす町家を復原的に表現しました。

 

 

 

江戸時代に仙台藩の要害がおかれた小城下町・涌谷には武家住宅や寺社、霊廟建築などの優れた近世建築が伝わります。江戸時代の古地図のフラグから文化財建造物の解説がみられます。

 

 

 

仙台藩・涌谷の要害屋敷「本丸御殿」を江戸時代の古図から復元考察したイラストです。「表」の役所空間から、邑主が日常生活をおくった「中奥」、長い廊下を隔てた家族たちの座敷が連なる「奥」と、近世御殿の空間構成がよくわかる平面形式をもっていました。

 

 

 

宮城県涌谷町の箟峯寺は、県指定有形文化財の観音堂に加えて、周囲に住房がまとまって歴史的風致を形成する貴重な境内です。明治時代の名所図から実測立面図が確認できます。

 

 

 

宮城県涌谷町指定文化財の武家住宅「旧佐々木家住宅」の鳥瞰図です。茅葺きの主屋に加えて、離れ座敷(広間)、板蔵といった付属屋、的場跡とも伝わる空地など、庭や樹木群もあわせて、サムライの住まいを総合的に伝える屋敷構えが伝わります。

 

 フィールド・ワークによる実測図、

歴史復元イラストや古地図などに基づいた、

伝統建築を紹介するバーチャル博物館を試行し、

随時更新しています。