涌谷の武家屋敷を実測調査

 

祝日を利用し、

研究室の学生たちと涌谷を訪問し、

武家屋敷の実測調査を行いました。

 

門塀や離れ座敷のヒロマ、

板蔵などの付属屋が屋敷構えとして伝わるだけでなく、

樹木や生垣などの植栽が一体となって、

優れた武家屋敷の風致を残しています。

 

建物だけでなく、

こうした庭の空間も含めて、

記録作業を継続予定です。

 

またこの調査事業は、

宮城県建築士会ヘリテージマネージャーの一級建築士の方々との、

共同調査のかたちで進めています。