涌谷の保存活用シンポジウム

 

涌谷町公民館でおこなわれた、

宮城県地域文化遺産復興プロジェクト実行委員会主催のシンポジウム、
「地域の文化遺産に、快適に住むこと・活かすこと」に参加しました。

 

宮城県建築士会のヘリテージマネージャーの活動にご協力するかたちで、
涌谷の武家屋敷の実測調査に参加し、
その保存活用提案の素材として、
模型制作を行いました。

 

またシンポジウムでは、
「涌谷の町について」という講演を行いました。

 

涌谷の町は霊屋や櫓、武家屋敷が現存し、
かつ都市の景観全体を考えても、
仙台では失われた江戸の城下町の面影をとどめること、
さらに霊廟建築や武家屋敷のデザインの特色を事例として、
古代や中世などのきわめて古い文化を温存する地域特性など、
お話ししました。

会場の入り口では、

学生たちと制作した、

武家屋敷の模型を展示させて頂きました。