旧城下町・登米で文化財商家のディスプレーデザインを進めていることが河北新報で紹介されました

 

大学の地域連携プロジェクト研究として、

建築設計の竹内研究室、

保存再生の大沼研究室と共同で進めている、

登米市登米町の登録有形文化財「海老喜」での、

商家ディスプレーデザインの提案について、

本日の河北新報で紹介されました。

 

あくまで、

文化財に登録された商家のディスプレーという、

スポット的な提案です。

 

けれども、

城下町全体の魅力を伝えること、

また町の回遊性を誘発させるような

デザイン提案を目標としていることなど、

波及効果や意義も掲載いただけました。

 

記事は下記からご覧いただけます。

<河北新報の掲載記事>