青森県弘前市仲町伝統的建造物群保存地区の公開武家住宅における木工看板デザイン制作を進めています

 

弘前市が所有する

仲町伝統的建造物群保存地区の公開武家住宅において、

木工看板が老朽化していることから、

武家町の歴史的風致に調和し、

かつ公開武家住宅の多彩な活用事業に対応するような

木工看板デザインの制作を進めています。

 

歴史的町並みに調和するサイン計画のモデルとなるように、

看板のジョイントなどに、

伝統技法の表現を考慮しています。

 

主な材料はもちろん、

雪国の耐久性や見た目、

そして武家住宅の伝統を考慮して、

青森ならではの「ヒバの木」を用いる予定です。

 

この木工看板デザインのプロジェクトは、

弘前の木工家・木村木品製作所様にデザイン指導をいただきながら、

学生提案で取り組んでいます。

 

本日は

弘前の木村木品製作所様とZOOMで、

学生デザイン提案のアドバイスをいただくことができました。

 

積雪前の設置を目指して、

今年度中の制作を目指しています。