青森県重宝「旧伊東家住宅」文化財案内看板の制作プロジェクトが完成しました

 

青森県弘前市の伝統的建造物群保存地区で、弘前市・保存会と連携して進めていた、公開武家住宅「旧伊東家住宅」の木工看板が完成しました。地元の木村木品製作所のご協力のもとで、町並み保存地区に調和するデザインをコンセプトとしたプロジェクトです。

 

方法のひとつは、伝統的な素材へのこだわり。当地の伝統建築の材料でもある青森ヒバを用いました。また、下側の武家住宅案内マップの板には、手打ち刃物風仕上げの飾り金物をあしらい、木と鉄のコンビネーションも表現しています。

 

オープン・クローズの木札、活用イベントチラシの掲示スペースの確保など、公開武家住宅の「活用」と対応したフレキシブルなデザインも計画に盛り込んでいます。